賃貸オフィスやバーチャルオフィスで、簡単オフィス移転

人気の街で

課題はオフィスの維持費

ビル

東京の青山といえば、最新流行の発信地として若い人を中心に人気の高い街です。通りを歩けば先端的なショップ・カフェ・レストランなどがそこかしこに見受けられます。 また、青山はファッション・アート・音楽などクリエイティブな職業に携わる人が多く集う街としても知られています。青山にオフィスに構えることは、それだけでその個人や企業の持つセンスの高さを証明することにもなります。 ただ言うまでもないことですが、青山のようなハイグレードな街に事務所を置くとなると、相当高額の保証金や家賃を覚悟しなければなりません。これはフリーランサーや小所帯のプロダクションなどにとってはかなりの負担となります。 しかしちょっとした工夫があれば、人気の街でも低コストでオフィスを確保することができます。その1つが、レンタルオフィスの活用です。

低コストで事務所を確保

レンタルオフィスとは賃事務所の一形態ですが、通常のオフィスビルの1フロアを細かく区切るなどして小規模オフィス向けのサイズになっているという特徴があります。そのため、個人事務所や開業間もないプロダクションなどに適した物件として人気があります。当然1フロアを丸ごと借りきるよりも保証金・賃料とも割安ですし、ムダなスペースを持て余すこともありません。 また、多くのレンタルオフィスには机や椅子などの事務機器、電話設備、インターネット回線などがあらかじめ整備されています。したがって新規に設立したばかりの企業等にあっては、何かと物入りな立ち上げ時において開業費用を大幅に節約することが可能になります。青山をはじめとする人気の街では、こうしたレンタルオフィスが続々オープンしています。